青森県の得する情報





青森県でも場合によりけりですが住民票に代わって住民票記載事項証明書を出すように言われることも多々あります。住民票記載事項証明書は元々の住民票の記載内容から世帯主や本籍についての情報等を省略して証明される文書です。大抵の場合、提出を求める学校や会社が定型書類を準備して本人が内容を記載を行って物を市町村役場に出して、記述の正確性を認証してもらう形態になります。過剰に個人情報を収集して保全したくないというような企業や学校側が住民票の代わりに導入しています。

住民票は今居住している市区町村役場の窓口にて依頼できますが、戸籍謄本とか戸籍抄本については、戸籍のある本籍地の市町村役場しか手に入れられません。青森県でも通常は自分で本籍のある市区町村役場にて手に入れるわけですが、今住んでいる場所と本籍地で距離が離れていて窓口にて発行してもらうことが簡単でない人を対象にして、委任状のある当事者以外の方による請求と郵便での申し込みについても可能です。いずれの方法であっても運転免許証、マイナンバーカード等というような本人確認の書類が必要です。さらに、本来は窓口に備わっている申請書を記載して申請するのですが、郵便で行うときは戸籍申請書をネットからダウンロードして申請します。