兵庫県の得する情報





兵庫県でも住民票というのは当事者以外の代理人であっても基準が合えば手に入れることが認められています。当人がお任せした代理人であるならば委任状を記入すれば申請できますが、ほかにも適性な理由があるなら手に入れることができるようになっています。たとえば債権者が債務者から借金を返済してもらう利用目的で住民票を発行してもらいたいケースで債務者の行方がわからない等、委任状を作成することが厳しい時も申請が認められます。相続の手続きとか国などの公共機関に提出するように言われている場合も発行が可能です。

住民票というのは今の所在地の自治体の役所の窓口にて発行するのですが戸籍謄本と戸籍抄本は戸籍が管理されている本籍地の自治体の役所の窓口にて請求することになります。兵庫県でも本籍地は出生地から変えていないというような方が少なくないのですが、転居等をきっかけに親が変更していることもよくあるので確認しておくのがポイントになります。現在の所在地と本籍地に相違があることも多いですし、本籍のある所が遠くにある場合には戸籍抄本と戸籍謄本の申請もしんどいです。本籍は転籍届で申請をしたり、結婚等により戸籍を新規に作る時に自分で移動できます。