熊本県の得する情報

異動により距離が離れた土地の職場になった場合家庭を持つ方だとしても単身赴任に決める人は熊本県でも少なくないです。単身赴任の場合は住民票を移すかどうか決めかねる方も多いです。規定では自宅を出る日数が一年に満たないときやそれを上回っても、暮らしの拠点が元の住所にあり、周期的に帰宅している時は住民票を移動する必要はなくなります。住民票を移転させると世帯が別々に分離されるので、世帯ごとに負担する住民税の内の均等割額について多目に支払わなければなりません。

熊本県でも戸籍謄本、住民票の交付を自分以外の人物にお願いする際には委任状を忘れてはいけません。委任状の作成は、第一に自分自身の名前と居住地、生年月日を明記して、印鑑を押印します。自分の名前と居住地については確実に手書きで自署します。それから住民票の写しの手続き等依頼する事項と任せる方の名前、住所地、出生日を記載していきます。住民票の写しの手続きの場合は使途も記載します。委任状は3カ月迄と期限が取り決められているのできちんと仕上げた日付を記述する事がポイントです。