富山県の得する情報

住民票に掲載される個人データというのは住民登録されている市区町村から移転したり、死亡届が出されることにより取り除かれますが、富山県でも住民登録が削除されても住民票の除票という形態で五年は閲覧できます。除票は前の個人データだけでなく、転居した際には引っ越した年月日や次の住所、死亡のときには亡くなった日にちが載ります。除票についても住民票の様に交付してもらうことが可能です。相続の時等に死亡や住所の履歴を確認する物に求められることが多いです。

単身赴任で違う土地で暮らすときでも、自宅を出ている日数が1年未満であったり、それ以上でも、一定期間ごとに戻っていて、暮らしの基盤が元の家にある場合には富山県でも住民票を変更することは必要なくなります。住民票を移転させないことで、世帯が2つになって住民税の内の均等割分について多目に払うこともありませんし、選挙も元の住まいの選挙区にて投票ができます。そして公の文書が要る場合にも元の住まいの自治体の役所窓口で手に入れられますので、代理で家族に交付してもらうことができるなど、良い点も多いです。