和歌山県の得する情報





このごろは賃貸マンション等をいっしょに借り受けてルームシェアする方が和歌山県でも増えています。ルームシェアでは住民票はどうなるのでしょうか。いっしょの居住地ではありますが、生活している個人個人が世帯主といった形態にて手続きすればそれぞれの世帯となり住民票もおのおのになります。すなわち、同一の住所にいくつもの世帯が存在する形と扱います。2世帯住宅等も同じ様な形態と言えます。またルームシェアの人物と世帯をいっしょにするといったことも可能で、そのようなときは何れかが世帯主になり、その他の方については「同居人」と書いて届出を行います。

住所を移動する場合には和歌山県でも住民票についての変更届けをすることになります。現住所と一緒の市区町村の引越しの場合では引っ越しした後14日以内で転居届を提出すれは完了です。離れた市区町村に引っ越しする際は転出届を出して転出証明書をもらって新たな居住地の役場に元の役所で受領した転出証明書と一緒に転入届を出すのが手順です。こちらも引っ越しした後2週間以内でしなくてはなりません。転出届は新住所が決まれば事前に提出することができますので、早いうちに済ませてしまうのがオススメです。