埼玉県の得する情報

住民票に記載されるデータというのは住民登録している市町村から引っ越したり、死亡する事で削除されますが埼玉県でも住民としての登録が抹消されても住民票の除票の形式で五年は残されます。住民票の除票にはもともとの住民票の情報以外にも、転出した場合には移動した日付けや移動先の住所、死亡した場合には亡くなった日にちが載ります。除票についても住民票同様に交付をしてもらうことが可能です。相続のとき等に亡くなったことや住所の遍歴を確認する物に利用される事が多くなっています。

単身赴任のため家族が異なる土地に居住するケースであっても、家を離れている間が一年に達しなかったり、一年以上になっても、季節ごとに帰っていて、拠点が元の住所にあるときは埼玉県でも住民票を移転させることは必須ではなくなります。住民票を移転しないことにより、世帯が別々に分離されて住民税のうちの均等割の額を余計に支払うこともないですし、選挙についても元の家の選挙区で投票できます。加えて公的な文書を受領する時にも元の住所地の市町村の役所で手続きできますので代理で家族に取得してもらえる等、利する所がたくさんあります。