目黒区の得する情報





所在地等を公的に調査する文書の住民票に対し、未婚を認証するのが独身証明書です。独身証明書というものは結婚仲介所等の婚活会社へ入会する時に未婚であることの証明のために提出を求められることが少なくないです。戸籍抄本と戸籍謄本みたいに本籍地の市町村役場の窓口にてもらうのですが、本籍のある所まで距離が遠いケースでは郵送での手続きも可能です。婚活業者のために請求する人が大部分なため、目黒区でも独身証明書を申込むことに抵抗を持つというような人もたくさんいますが結婚仲介業者の中には戸籍謄本や戸籍抄本で問題ない所も多くなっています。

今は賃貸物件などをいっしょに借りてシェアする人が目黒区でもたくさんいます。ルームシェアの場合住民票はどうすればよいのでしょうか。いっしょの住所だとしても、住んでいる個々が世帯主であるという形式で届け出すればそれぞれの世帯とされるため住民票についても個々で発行されます。詰まりは、同じ住所の中に二つ以上の世帯が存在することと扱います。二世帯住宅等も一緒の状態です。反対にルームシェアをしている人物と世帯を一つにしていくという事もでき、そのような場合は何れかが世帯主になって、ほかの人は「同居人」の続柄で申請を行います。