三鷹市の得する情報





戸籍謄本と戸籍抄本は違うもので、戸籍謄本というのは戸籍に入っている全ての人の事柄を見ることが出来る証明書であって全部事項証明書とも呼ばれます。戸籍抄本は個々の人物についての事項のみを記載した証明書であり個人事項証明とも呼称されています。パスポートの手続きなどは、三鷹市でもいずれを提出しても問題ありませんが、あなたの家族が他界して死亡届を提出する時や相続関連の申請には戸籍謄本か必須です。呼称がよく似てますが別の物ですので、提出を求める先にどちらなのかについて調査しておくことが大事になります。

婚姻した方が離婚をすると三鷹市でも戸籍には離婚した経歴が載ることになります。戸籍から離婚した経歴を削除したいときには、転籍届を出して本籍地を今暮らしている市区町村から他の自治体に移動する事によって離婚した履歴の情報を削除することが可能です。女性については離婚すると親の戸籍に戻りますので、分籍というような形式で異なる自治体に戸籍を移動する申請を行います。しかし原戸籍とか除籍謄本には離婚したという事実が残ることになりますし、子があるときは子供の戸籍に親の名前が載るので、完全に消し去るという事はできないです。