山梨県の得する情報





配置転換により遠距離にある町に行く場合は、所帯を持っている方であっても単身赴任する方は山梨県でも多数います。単身赴任する場合は住民票を移すかどうか悩み所です。規定では自宅を出ているのが1年を下回るケースや一年以上でも、暮らしの拠点が元の住所にあって、定期的に帰宅している場合は住民票を移転させる必要はなくなります。住民票を移動すると世帯が二つに分かれてしまうため、世帯別に計算される住民税のうちの均等割額について多目に払うことになります。

住民票に掲載されるデータというのは住民登録している自治体から引越したり、死亡届が出されることで削除されますが、山梨県でも住民登録が削除されてからも除票の形式で5年間は残されます。住民票の除票は元々の個人情報のほかに、引越した際には引っ越しした日付けと転居先の住所、死亡の時は死亡した日にちが記録されます。除票も住民票の様に申請することが認められています。相続の時などに亡くなったこととか住所の変遷を証明するものとしてつかわれることが多くなっています。