府中市の得する情報





戸籍謄本と戸籍抄本は別のもので、戸籍謄本というのは戸籍に入っているすべての方のデータを閲覧できる書類であり全部事項証明書とも呼称されます。戸籍抄本は個々の人物の内容だけを閲覧できるもので個人事項証明とも呼ばれています。パスポートを取る届け等の際には、府中市でも何れを使っても大丈夫ですが、あなたの家族が亡くなり死亡届けを出す場合や相続に関連した証明書には戸籍謄本か必須です。名称は酷似していますが違いますので、提出を求める先にどちらが必要かについて確認しておくことが重要です。

この頃は賃貸物件などを一緒に賃貸してルームシェアする方が府中市でも多くなっています。ルームシェアでは住民票はどうすればよいか。共通の居住地だったとしても、そこに住む各々が世帯主であるといった形にて手続きしていれば個別の世帯と扱われて住民票もそれぞれで発行されます。すなわち、いっしょの住所の中にいくつもの世帯が生活することになります。2世帯住宅等についても同じ様な形になります。それとは反対に、ルームシェアの相手と世帯を一つにまとめるというようなこともでき、そうしたいケースでは誰かひとりが世帯主になり、その他の方は「同居人」の続柄で申請をやっていきます。