荒川区の得する情報





荒川区でも住民票というのは当事者以外の人物でも要件に合致していれば申請して取得することができるようになっています。本人が委任した第三者であれば委任状を用意すれば発行してもらえますが、そうでなくてもまっとうな事情があれば手に入れることが認められています。例えば貸主が借り主から借金を徴収する使途で住民票を請求するケースで借り手の居場所がわからないなどにて委任状を準備することが難しい場合も請求ができます。相続とか公の機関に出さなければならないケースも発行ができます。

荒川区でも場合によっては住民票の代替として住民票記載事項証明書が必要になることも多々あります。住民票記載事項証明書とは住民票の表記のうち、本籍や世帯主についての事項などを除いて作成される書類です。よくある場合、書類を求める企業や学校がフォーマットを作って該当者が記述したものを市町村役場に持って行って、事項について正確性を認めてもらうという形態になります。必要以上に個人データを蓄積して保全したくないという学校や企業が住民票の代替として採用しています。