文京区の得する情報





単身赴任のためちがう土地に住むときであっても、自宅を離れる間が1年を下回ったり、1年を上回っても、一定期間ごとに帰っている等、暮らしの基盤が元の住所にある時は文京区でも住民票を移転することは必要なくなります。住民票を移動しないことによって、世帯が別々になって住民税の均等割の部分について余分に課せられることもないですし、選挙も元の住所地の選挙区にて投票することができます。その上、公の証明書が必要なケースでも元の場所の市区町村にて交付してもらえますので、家族に取得してもらうことが出来る等、プラス面は多くあります。

基本住民票の写しは現居住地の自治体でのみ申請するのですが、違う市区町村の役所であっても広域交付住民票は発行されます。住民票との相違点は、本籍と該当する市区町村内の転居の経歴が載っていないことになります。住民票の写しの代わりに利用しようとする場合には証明書を求める企業や学校にチェックしておく事が重要になります。ほかの居住地や生年月日などというような項目は載るので居住地と誕生日の証明には使用可能です。また文京区でも広域交付住民票は、除票については請求することができません。