小金井市の得する情報





単身赴任によって別の土地で生活を営むケースでも、家を出る期間が一年にいかなかったり、一年を上回っても、週末や季節ごとに戻っていて、拠点が元の住まいにあるときには小金井市でも住民票を移す必要はありません。住民票を変更しない事で、世帯が別々に分かれて住民税の内の均等割部分について余分に支払う事もありませんし、選挙も元の住所の選挙区にて投票することが可能です。加えて、公的証明書を受領する時も元の住所地の自治体の役所窓口で交付してもらえますので家族に請求してもらうことが可能になる等、プラス面が多いです。

小金井市でも住民票というのは当人以外の人だとしても条件をクリアしていれば手に入れることが可能です。本人が依頼する人物なら委任状を記入すれば取得できますが、その他にも、然るべき目的があるならば申請して取得することができるようになっています。例えば債権者が借主からお金を返してもらう使用目的で住民票を交付をしてもらいたいケースで借主が行方不明などで委任状を用意する事が厳しい際も請求が認められます。相続手続きや公の機関に提出しなければならない場合についても申請が可能です。