品川区の得する情報





戸籍謄本と戸籍抄本のうち、戸籍謄本は戸籍に入る全員の情報を載せたもので全部事項証明書とも呼ばれています。戸籍抄本というのは指定した個人についての内容のみを掲載している文書で個人事項証明とも言われます。パスポートの取得届け出などの際は、品川区でもいずれを使用しても支障ありませんが、あなたの家族が亡くなって死亡届けをだす時とか相続関係の書類には戸籍謄本が不可欠です。名称はよく似てますが別の物ですので提出する先へどちらを求めているのかについて把握しておいて下さい。

通常住民票の写しについては現住所の市町村でのみ交付するものですが、他の市区町村の役所であっても広域交付住民票は取得できます。住民票と違う点は、本籍や市区町村内の所在地の軌跡が記載されていない事です。住民票の写しの代わりとして利用するときにはこれらの点を提出先の会社や学校側に確認しておくことが必要になります。その他の居住地や生年月日などといった事柄は載りますので住所や誕生日を認証することには使用できます。ただし、品川区でも広域交付住民票は、除票については取得できないです。