南陽市の得する情報





戸籍謄本と戸籍抄本は別のもので、戸籍謄本は戸籍中のすべての方の項目を載せたもので全部事項証明とも呼ばれています。戸籍抄本というのは個々の人物についてのデータを抜粋して記述したものであり個人事項証明とも呼ばれます。パスポートを取得する手続きなどの場合は南陽市でもいずれを使用しても支障ありませんが、あなたの親族が亡くなって死亡届をだすケースや相続の書類には戸籍謄本が必要になります。名称が酷似していますが違う物ですので書類を求めている先へ何れが必要なのかを把握しておくことが大事になります。

身内による虐待を受けていたり、ストーカーに苦しんでいて住所を隠しておきたいのなら、南陽市でも被害を受けた方を防衛のために住民票の写し等の請求を制限してもらえます。手始めに、警察に相談して、閲覧制限するための文書を受け取って、その書類を役所を持って行けば対象者の取得を規制してもらうことが可能です。さらに交付の時の本人確認が厳重になり、他の第三者や郵送で手続きすることもストップされます。