天童市の得する情報





自宅が遠くて学校に通うことができない場合は学生でも実家を出て暮らしていく事もよくあります。そのような場合、通常なら住民票を移転することになるわけですが、天童市でも条件が合っていれば住民票を移動する必要はないです。実家を離れている日数が1年にいかない場合には住民票を移転しなくてもOKで、1年以上であっても生活のベースが元の家であって、一定期間ごとに実家に帰郷している場合には住民票を移すことは必須ではなくなります。学生のみならず単身赴任をしている人なども、この規定に合えば住民票を移転することは必須ではありません。

戸籍抄本と戸籍謄本というのは本籍地の市町村の役所の窓口のみしか発行してもらえないので、本籍のある市区町村まで距離があるケースでは直接出向いて取得することが容易でない方というのも多くなっています。天童市でも、そうした人を対象に戸籍謄本や戸籍抄本を郵便で交付することも可能になっています。手続きは戸籍証明書等請求書を市区町村のホームページよりダウンロードして印刷したものに書き入れます。さらに手数料の分の定額小為替を郵便局で購入して、切手を貼った返信用封筒とパスポートや運転免許証や健康保険証などというような本人確認の書類のコピーと一緒に郵便で送付すると戸籍謄本や戸籍抄本を返信封筒にて送付してくれます。